木材について

木材の分類

分類は、大きく分けて以下の3つになります。

製材の仕方による分類

木材製品の作り方によって、大きく分けて次の2つのものがあります。

無垢の木材
木材を製材したものをいいます。天然乾燥あるいは乾燥釜を使って人工的に、木材に含まれる水分を下げたものを乾燥材と称し、未乾燥の木材と区別しています。
さらに、含水率を25%以下にした「乾燥材」と、25%を超える「未乾燥材」に分かれます。乾燥について、詳しくは乾燥と規格をお読みください。


集成材
木材を乾燥させ、節などの欠点を取り除いて厳選した「ラミナ」と呼ばれるひき板や小角類を、繊維方向に平行に接着した木材のことを「集成材」とよびます。 詳しくは集成材についてをお読みください。(写真提供:中国木材株式会社)※ハイブリッドビームは中国木材株式会社の登録商標です。

原料の生産地による分類

製材の原料となる木材の生産地によって、次のように2つに分けられます。

国産材
製材原料の木材(丸太)が日本国内で生産されたものをいいます。
【主な樹種】ヒノキ、杉、ヒバ、松、桜、カエデ、けやき等


輸入材
製材原料の木材(丸太)や製材品が、外国で生産されたものをいいます。
木材(丸太)が輸入されて日本国内の製材工場で製材されたもの、合板にされたもの、また輸入された製材品を使って日本国内の集成材工場で集成材に加工されたものも含みます。
【主な輸入先】
北米材…米松、米ツガ、米杉、スプルース等
北欧材…欧州アカマツ
ロシア材…北洋エゾマツ、北洋トドマツ、北洋アカマツ等
南洋材…ラワン等
ニュージーランド材…ラジエータパイン(マツ)等

役割による分類

住宅で使用される部位の役割によって、次のように2つに分けられます。

構造材

構造材
地震や風に対して、建物が倒れたり壊れたりしないための、主要な骨組みに使われるものをいいます。屋根の骨組みをつくる棟木、母屋、垂木などや、壁と床を構成する柱、梁、大引き、根太、土台などに使われる木材のことです。
構造について詳しくは、木の家について>軸組工法の仕組みをお読みください。


造作・建具材
骨組み以外の、敷居や鴨居、長押、床の間、障子など内装の仕上げ部分に使われる木材のことをいいます。 造作・建具材は強さは特に必要とされませんが、節が無いなど見た目の美しさが必要となります。

【運営】
株式会社アルファフォーラム
〒101-0053 
東京都千代田区神田美土代町11-8  SK美土代町ビル8階
TEL 03-6273-7236 
FAX 03-6273-7237

経済産業省

木から選ぶ家づくりピッコロ